サイトトップ

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール


アッと驚く達人の技
Flash MX ActionScript実践技&ウラ技大全
篠塚 充/野中 文雄/HOSOCHAN/柳澤 誠 共著 C&R研究所 編集

Flash MX ActionScript実践技&ウラ技大全

 

5章のテーマに分けて、ActionScriptの実践的なサンプルを収めています。ActionScriptの基本を理解した初心者を対象に、目的や用途に応じたスクリプティングのアイデアとコツを紹介します。スクリプトを記述する際の考え方やロジックについては解説が少ないので、他の参考書の併用をお勧めします。第4章「外部ファイルの制御を極める」と第5章「動作確認と便利技を極める」の約30ページを担当しました。

価格: 本体2,500円+税
発売: 2003年3月10日
出版: 株式会社ナツメ社
ISBN: ISBN4-8163-3428-9

補足および正誤表


目次
第1章 Flashムービーの制御を極める

ボタンクリックで目的のムービーを再生する・・・・・・14
・フレームを移動した後で自動再生したい場合は「gotoAndPlay()」メソッドを使え!
・フレームの移動のみを行う場合は「gotoAndStop()」メソッドを利用せよ!
フレームに付けた名前を元にムービーを制御する・・・・・・16
・フレーム番号が頻繁に変わる場合は移動先にフレームラベルを指定せよ!
カーソルを重ねると回り離すと止まる風車を作成する・・・・・・18
・ムービークリップの基本的な動きはフレームアクションで制御せよ!
・マウスカーソルが重なった場合のみ再生するには「on(rollOver)」イベントを利用せよ!
ムービーを再生・停止させるボタンを作成する・・・・・・20
・フレームの停止位置から再生させるには「play()」メソッドを利用せよ!
クリックすると再生を続行するムービーを作成する・・・・・・22
・一時停止したムービーを再生するには「gotoAndPlay()」メソッドを利用せよ!
1フレームずつ切り替えて表示するムービーを作成する・・・・・・24
・1フレームずつ表示するには「prevFrame()」「nextFrame()」メソッドを利用せよ!
・Flashムービーのフレームとインスタンスの再生特性を利用せよ!
クリックすると切り替わるボタンを作成する・・・・・・26
・ボタンクリックで再生・停止とボタンの切り替えを行うには2つの処理を同時に設定せよ!
シーン別にムービーを切り替えて表示する・・・・・・28
・シーンの移動にはメソッドでなくアクションを利用せよ!
・シーンを移動した後にムービーの再生を行う場合は「play()」メソッドを併用せよ!
ボタンをクリックした回数を画面に表示する・・・・・・31
・変数の値を表示させるには「ダイナミックテキスト」を利用せよ!
・表示するフォントは閲覧者の環境に合わせて指定せよ!
・オブジェクトと同様に変数にもターゲットパスを設定せよ!
ボタンを利用してムービーの再生・逆再生を制御する・・・・・・33
・再生・逆再生を行うにはフレームへの移動を繰り返し実行せよ!
・条件によって同じ動作を繰り返させるには「if」文を利用せよ!
条件によって処理を分岐する・・・・・・35
・条件分岐を利用するには「if」文をマスターせよ!
・条件を比較するには比較演算子をマスターせよ!
・日本語を入力する際はフォントの指定に注意せよ!
時間によって違うフレームを表示する・・・・・・37
・現在の時刻を取得するには「getHours()」メソッドを利用せよ!
・条件分岐を行う場合は条件式の記述順に注意せよ!
曜日によって違うフレームを表示する・・・・・・39
・いくつかの条件によって違う結果を表示させるには「switch」文を使え!
今日の日付を表示する・・・・・・41
・日付情報を得るには「getMonth()」「getDate()」メソッドを利用せよ!
・取得した値を一連の文字列として表示するには文字列連結演算子「+」を利用せよ!
一定の時間を待ってムービーを再生させる・・・・・・43
・一定時間後にムービーを再生させるには「setInterval」関数を利用せよ!
・「setInterval」関数の効果は「clearInterval」関数で消去せよ!
ボリュームコントロールバーを作成する・・・・・・45
・サウンドを再生するには「Sound」オブジェクトを利用せよ!
・サウンドのボリュームを制御するには「setVolume」オブジェクトを指定せよ!
ボタンクリックでおみくじの結果を表示する・・・・・・48
・整数の乱数を取得するには「floor()」メソッドを使って小数点以下を切り捨てよ!
・数学的な機能を利用するには「Math」オブジェクトを利用せよ!
プロジェクタの再生・終了を制御する・・・・・・50
・プロジェクタは[パブリッシュ設定(G)]コマンドで作成せよ!
第2章 Flashムービーを演出する技を極める
ステージ内を跳ね回るボールを作成する・・・・・・54
・オブジェクトの「_x」「_y」プロパティでは座標指定と位置の取得を同時に行え!
マウスカーソルの位置に照準を合わせて移動させる・・・・・・56
・マウスカーソルの位置情報を取得するには「_xmouse」「_ymouse」プロパティを使え!
マウスカーソルに視線を向けるイラストを作る・・・・・・58
・2点間の傾きを求めるには「atan2()」メソッドを使用せよ!
・ラジアンと角度の変換公式をマスターせよ!
複数のムービークリップに同じ機能を付ける・・・・・・60
・同じ機能のムービークリップを大量に使う場合はシンボルにActionScriptを記述せよ!
・ActionScriptの効果を持続させるには「gotoAndPlay()」メソッドを利用せよ!
奥行きを感じさせるムービーを作成する・・・・・・62
・繰り返し実行したい処理の記述は「function」関数の自作メソッドで簡略化せよ!
ボタンクリックでムービークリップの色を変更する・・・・・・64
・色に関する処理を行うには「Color」オブジェクトを作成せよ!
・ムービークリップの色を変えるには「setRGB()」メソッドを使え!
マウスカーソルの位置によって移動速度を変化させる・・・・・・66
・マウスカーソルの位置を取得してムービークリップの移動速度を決定せよ!
・移動速度を変えるには速度係数の値を変更せよ!
マウスカーソルの位置によって画像の大きさを変化させる・・・・・・68
・2点間の距離を求めるときは三平方の定理を利用せよ!
・ムービークリップの大きさは定数と割る数の設定で制御せよ!
マウスカーソルの軌跡をムービークリップで表示する・・・・・・70
・残像用のイラストには消えたときに違和感がないアニメーション効果を設定せよ!
・マウスカーソルの残像を残すにはマウスカーソルの移動と同時に複製と削除を繰り返せ!
・オブジェクトの指定に変数を利用するときは[]を使え!
ステージ内を跳ねるムービークリップを作成する・・・・・・73
・重力の表現には加速度計算を利用せよ!
移動速度の違うインスタンスを配置する・・・・・・75
・ムービークリップに共通の動きはムービークリップ内のフレームに記述せよ!
・シンボルとインスタンスの階層関係を理解してActionScriptを記述せよ!
ムービークリップの回転運動を制御する・・・・・・78
・回転運動を表現するには三角関数を利用せよ!
ぶるぶる震える文字を作る・・・・・・80
・処理結果を呼び出し元へ返すには「return」文の返値を利用せよ!
・ステージ上の配置場所を記憶させるには変数を利用せよ!
ランダムに犬の足跡を表示する・・・・・・82
・インスタンスを複製するには「duplicateMovieClip()」メソッドを利用せよ!
雪が降り続くムービーを作成する・・・・・・84
・ランダムに動くムービークリップは「attachMovie()」メソッドで複製せよ!
第3章 キーボード・マウスを使う技を極める
オリジナルのマウスカーソルを作る・・・・・・88
・マウスカーソルをイラストにするには本来のマウスカーソルを非表示にせよ!
・マウスカーソルに使うイラストはポイントになる位置に基準点を移動せよ!
マウスカーソルを追いかけるイラストを作成する・・・・・・90
・イラストの移動速度はマウスカーソルとの座標位置の差で決定せよ!
・複雑な動きを設定するにはシンボル自身にも動きを設定せよ!
マウスカーソルの方向に向きを変えて移動するムービーを作成する・・・・・・92
・マウスカーソルの方向に向きを変えて移動するには2点間の角度を計算せよ!
流れるようにカーソルを追いかける文字を作成する・・・・・・94
・処理を連続させるには「for」文を利用せよ!
・各文字を回転させながら追従させるには「_rotation」プロパティを利用せよ!
マウスクリックでラインを描く・・・・・・96
・マウスクリックで線を描くには「lineTo()」メソッドにマウスの位置を設定せよ!
・ラインを描く線の種類は「lineStyle()」メソッドで設定せよ!
マウスカーソルを重ねた位置に吹き出しを表示させる・・・・・・98
・マウスカーソルの位置に吹き出しを表示させるには座標を移動せよ!
キーが押された回数を表示する・・・・・・100
・キーが押された回数を判断するには変数に「1」を加算せよ!
・文字列と変数の値をまとめて表示するには「””」と「+」を利用せよ!
アルファベットと数字キーの入力を判断する・・・・・・102
・キーコードを文字に変換するには「String.fromCharCode()」メソッドを使用せよ!
・キーコード一覧の確認にはFlashヘルプを利用せよ!
カーソルキーの入力を判断する・・・・・・104
・特定のキーが押されたかを設定するには「isDown()」メソッドに目的のキーを設定せよ!
指定されたキーを押してムービーを再生させる・・・・・・106
・指定されたキーが押されたかを判定するにはキーコードをチェックせよ!
・キーを押して処理を実行するムービーは「フォーカス」の対象に注意せよ!
キーを押すと反応するキー型のムービークリップを作成する・・・・・・108
・キー型のムービークリップを表現するには2つのキーの状態をフレームに指定せよ!
キー操作でムービーの表示状態をコントロールする・・・・・・110
・スクロールを制御するにはインスタンスのプロパティの値を操作せよ!
・ムービークリップを動かす際には中心点を基準にせよ!
入力枠に入力した文字をムービー上の黒板に表示する・・・・・・113
・テキストフィールドの内容を削除するには「””」を代入せよ!
タイピングゲームを作成する・・・・・・115
・タイピングゲームでは出題内容と入力内容が同じかどうか判定する処理を記述せよ!
・文字列の一部を利用するには「substr()」メソッドを使え!
・表示内容を初期化するには「onClipEvent(load)」イベントを利用せよ!
クリックした箇所にムービークリップを追加する・・・・・・118
・クリックして複製を作成するにはインスタンス名を変数に格納せよ!
・クリックして移動させるには座標位置を変更せよ!
クリックした位置に減速しながら近づくムービークリップを作成する・・・・・・120
・減速は移動間隔を変更することで実行せよ!
・操作例ActionScriptのダイエット方法はこれだ!
ジョグダイアルでムービーの再生速度を制御する・・・・・・122
・ダイアル風リモコンを作るには回転角度によってムービーの動作を決定せよ!
インスタンス同士の重なり判定を行う・・・・・・124
・インスタンス同士の重なりを判定するには「hitTest()」に対象のインスタンスを設定せよ!
・マウスカーソルの重なりを判定するにはマウスの座標位置を取得せよ!
ムービークリップのドラッグ領域を限定させる・・・・・・126
・ドラッグさせる範囲はステージに対する値を指定せよ!
オブジェクトをドロップしたタイミングでムービーを再生させる・・・・・・127
・目的のドラッグ先は「_droptarget」プロパティで指定せよ!
ドラッグしているムービークリップを半透明に表示させる・・・・・・130
・インスタンスを半透明に表示させるには「_alpha」プロパティを利用せよ!
・ドラッグしている間だけ不透明にするには基本の透明度を設定せよ!
選択したムービークリップだけをドラッグできるようにする・・・・・・132
・選択したムービークリップだけをドラッグさせるにはインスタンス名を認識させよ!
ジグソーパズルを作る・・・・・・135
・目的の箇所にパーツをぴったり重ねるには全パーツの中心点を一致させよ!
・配置後に絵柄がずれないようにするには共通のイラストでマスクを作成せよ!
目的の位置にドロップしてムービークリップのサイズを変更する・・・・・・137
・サイズの割合を変更するには「_xscale」「_yscale」プロパティを利用せよ!
タイトルバーでドラッグ可能なウィンドウを作る・・・・・・140
・ウィンドウを作成する際はボタンインスタンスの特性を活用せよ!
第4章 外部ファイルの制御を極める
外部のテキストファイルの内容を表示する・・・・・・144
・日本語を含むテキストファイルは「UTF-8」の形式で保存せよ!
・外部のテキストファイルを読み込むには「loadVariables()」メソッドを利用せよ!
指定したテキストフィールドにテキストを分割して表示させる・・・・・・147
・1つのテキストファイルの内容を複数の箇所に分けて表示するには「&」を使え!
・同じテキストファイルを参照するテキストフィールドはまとめて1つにシンボル化せよ!
・「Shift-JIS」のテキストを読み込むには「System.useCodepage」を設定せよ!
テキストファイルの読み込みの完了を確認する・・・・・・150
・読み込みの終了を確認するにはテキストの末尾に専用の変数を記述せよ!
カンマ区切りの外部テキストを配列の記述に利用する・・・・・・153
・外部テキストをActionScriptのソースに使うには「XML.onData」を利用せよ!
・CSV形式のファイルを読み込む際にはOSによる改行コードの違いを考慮せよ!
外部のJPEG形式のファイルを読み込む・・・・・・156
・表示領域として利用するムービークリップは基準点を左上隅に設定せよ!
ボタンクリックでJPEG形式のファイルを読み込んで表示する・・・・・・158
・ボタンでJPEG形式のファイルを切り替えるにはボタンにActionScriptを記述せよ!
・読み込み直後に画像を表示したい場合はフレームアクションとの合わせ技を使え!
ムービーに外部のFlashムービーファイルを表示させる・・・・・・160
・読み込み元と読み込み先のFlashムービーは同じフレームレートで作成せよ!
・ボタンをクリックして外部ムービーを読み込むにはイベントハンドラ「on」を利用せよ!
シーンによって異なるサウンドファイルを読み込ませる・・・・・・162
・外部のサウンドファイルの読み込みには「loadSound()」メソッドを利用せよ!
・サウンドファイルの切り替え時には「Sound.stop()」を利用せよ!
読み込んだムービーファイルを再生・停止するボタンを作成する・・・・・・164
・環境によって読み込み可能なムービーファイルを用意せよ!
・ビデオファイルの表示サイズは読み込み時に変更せよ!
・ビデオのムービークリップの再生・停止はフレームの切り替えで制御せよ!
送信フォームの入力内容をCGIに送る・・・・・・168
・CGIにデータを送信するには「LoadVars.send」を利用せよ!
・CGIのデータを受け取るには「LoadVars.load」を利用せよ!
JavaScriptでリンク先を別ウィンドウに表示する・・・・・・170
・JavaScriptを呼び出すには「getURL()」メソッドを利用せよ!
・ムービー再生のタイミングでJavaScriptを呼び出すにはフレームアクションを設定せよ!
第5章 動作確認と便利技を極める
使用中の変数をリストアップする・・・・・・174
・変数の値を手軽に調べたい場合にはリストアップ機能を利用せよ!
・ローカル変数はリストアップされないことに注意せよ!
出力リストから目的の変数を検索する・・・・・・176
・大規模なActionScriptで使用している変数を探すには検索機能を利用せよ!
ムービーを一時停止して実行状態を確認する・・・・・・177
・特定のタイミングでの変数を確認するにはブレークポイントを使え!
ActionScriptを1行ずつ実行する・・・・・・179
・デバッグを1行ずつ行うには「ステップイン」を利用せよ!
・「function」を一気に処理させたい場合は「ステップオーバー」を利用せよ!
ウォッチリストで複数のタイムラインの変数を同時に確認する・・・・・・181
ブラウザで再生したFlashムービーのデバッグを行う・・・・・・184
・リモートデバッグを行う際はFlash Playerの種類に注意せよ!
変数やプロパティの値の変化を表示する・・・・・・187
・「出力」ウィンドウに表示する際は何の値か分かるように文字列を連結せよ!
ムービー内のすべてのプロパティの値を表示する・・・・・・188
・すべてのプロパティに値を表示するには「for〜in」文で取得した内容を表示せよ!
複数のプロパティの値を1行にまとめて表示する・・・・・・189
・複数の値を1行に表示するには配列の書式を利用せよ!
ムービーの読み込み中にNowLoading画面を表示する・・・・・・190
・NowLoading画面を表示させるには読み込むフレーム数を比較せよ!
・NowLoadingの動きはストリーミング再生で確認せよ!
読み込んだ割合を数値で表示するNowLoading画面を作る・・・・・・193
・読み込んだ割合は「getBytestLoaded()」「getBytestTotal()」メソッドで求めよ!
ムービーの読み込み状態をビジュアルに表示する・・・・・・195
・読み込み状態は読み込んだ割合に対してムービークリップを変化させよ!
ムービークリップでアナログ時計を作成する・・・・・・197
・時計の針を動かすには取得した時間を利用して回転せよ!
・長針を少しずつ動かすには秒に換算せよ!
今日の日付と現在時刻を数字や文字で表示する・・・・・・200
・日付の取得は月と曜日の値に注意せよ!
・時間をデジタル表示させるには1桁の数値に「0」を追加せよ!
滑り込んでくる写真のムービーを作成する・・・・・・204
・時間差で画像が滑り込むようにするには1回の移動距離に差を付けよ!
・初期状態を設定する場合はムービーの「load」イベントを利用せよ!
・縦方向にオブジェクトを移動させるにはY座標を基準にせよ!
Webページにリンクするボタンを作成する・・・・・・207
・Webページの表示先を指定するにはウィンドウ名を記述せよ!
・メールソフトを起動させるには「mailto:」を記述せよ!
クリックするたびにランダムに色を変える・・・・・・209
・ランダムに色を変化させるには「RGB」の各色コードを乱数で決定せよ!
・素早く色を変化させる場合には「rollOver」「rollOut」を指定せよ!
マスクでスポットライトを作成する・・・・・・211
・マスクで透けさせるには「setMask()」メソッドを利用せよ!
マスクでオブジェクトを効果的に切り替える・・・・・・213
・動くマスクで切り替え効果を実行せよ!
マウスを使って拡大レンズを作成する・・・・・・215
・拡大させたように見せるには座標移動の倍率を求めよ!
・レンズの枠は別のインスタンスで作成せよ!
コラムページ
ショートカットを設定しよう!・・・・・・52
フレームレートと表示速度の関係を極めよ!・・・・・・86
Flash UIコンポーネントの活用法!・・・・・・142
外部SWFファイルのfunctionの利用方法!・・・・・・172
デバッグ用に閲覧者の表示環境を知りたい!・・・・・・218


Copyright © 2001-2006 Fumio Nonaka.  All rights reserved.