サイトトップ

Director Flash 書籍 業務内容 プロフィール

HTML5テクニカルノート

React + ES6: まずは動かしてみる


ReactはFacebook社が開発している、今もっとも注目されているJavaScriptフレームワークです。HTMLの要素を動的につくり上げて、ページに表示することができます。ただ、なじみの少ない構文の予備知識や準備が求められるため、初めての方には手をつけにくいきらいがあります。本稿では最小限のコードを示して、とりあえず大枠をご説明します。

01 ページに"Hello, world!"のテキストを動的に表示する

最小限のコードは、Reactトップページの[Get Started]ボタンにリンクされた「Hello World」のページで見られます。"Hello, world!"のテキストが示されるコードで、CodePenにも掲げられていますから、すぐに試せます(サンプル001)。

サンプル001■Hello World

See the Pen ZpvBNJ by Dan Abramov (@gaearon) on CodePen.

>>コードを編集してみる

純粋にReactのコードを書いて確かめたいなら、インストールが何も要らず、手っ取り早いでしょう。けれど、いざ手もとで試そうと、このJavaScriptコードをHTMLドキュメントの<script>要素に書き込んでも動きません。スクリプトの中のタグ(<)が構文エラーになってしまいます。

Uncaught SyntaxError: Unexpected token <

02 JSXで書いたJavaScriptコードを手もとの環境で試す

ReactDOM.render()メソッドは、第1引数の要素を動的につくって、第2引数の要素の子として差し込みます。前掲コードでは、つくる子要素を直接タグ(<>)で書き込んでいました。けれど、ブラウザはJavaScriptコードの中のタグを理解できません。そのため、前述の構文エラーが起こったのです。


ReactDOM.render(つくる要素, 差し込み先親要素)

JavaScriptコードにじかにタグを書くReact特有の構文は「JSX」と呼ばれます(「いまさら聞けないReact、Virtual DOM、JSX超入門」の「JSXとBabelの使い方」参照)。そのままでは実行できないので、ブラウザがわかるように変換(コンパイル)しなければなりません。前掲サンプル001のCodePenのJavaScriptコードには、「Babel」という表記があります。このBabelがコンパイラなのです(図001)。

図001■JSXのJavaScriptコードはBebelでコンパイルしなければならない

図001

手もとのエディタにコードを打ち込んで試したい場合、Reactの「Installation」のページにサンプルのHTMLドキュメントをダウンロードするリンクがあります。中身はつぎのコード001のとおりで、ページに"Hello, world!"というテキストを表示します。

コード001■ページにテキスト"Hello, world!"が含まれた要素を動的に表示する


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8" />
	<title>Hello World</title>
	<script src="https://unpkg.com/react@latest/dist/react.js"></script>
	<script src="https://unpkg.com/react-dom@latest/dist/react-dom.js"></script>
	<script src="https://unpkg.com/babel-standalone@6.15.0/babel.min.js"></script>
</head>
<body>
	<div id="root"></div>
	<script type="text/babel">
	ReactDOM.render(
		<h1>Hello, world!</h1>,
		document.getElementById('root')
	);
	</script>
</body>
</html>

いくつか補足します。以下のふたつの<script>要素が、ReactのJavaScriptライブラリを読み込みます。CDNを使っていますので、ローカルにダウンロードしなくて構いません(図002)。


<script src="https://unpkg.com/react@latest/dist/react.js"></script>
<script src="https://unpkg.com/react-dom@latest/dist/react-dom.js"></script>

図002■ReactのInstallationページに示されたCDNのコード

図002

<script>要素にもうひとつ、babel-standaloneを読み込んでいます。JSXをブラウザ上でコンパイルするBabelのJavaScriptライブラリです。ReactのJSXコードを書く<script>要素には、type属性に"text/babel"を定めてください。


<script src="https://unpkg.com/babel-standalone@6.15.0/babel.min.js"></script>

<script type="text/babel">
ReactDOM.render(
	<h1>Hello, world!</h1>,
	document.getElementById('root')
);
</script>

ランタイムのコンパイルはコードが手軽に試せるものの、ブラウザに負荷をかけるので効率はよくありません。公開のコンテンツでは、あらかじめ静的にコンパイルしておくのがよいでしょう(「React入門 06: ローカルサーバーの立ち上げとJSXのコンパイル」02「BebelのReact presetでJSXを標準のJavaScriptコードにコンパイルする」)。その場合、babel-standaloneは要らなくなります。

03 JSXを使わないReactのコード

Reactのコードコードは、かならずJSX構文で書かなければならないわけではありません。はじめから、コンパイルされたのと同じJavaScriptコードを書けばすむことです。Reactサイトのトップページには、としてJSXのコードとその結果が示されています(図003)。

図003■JSXのコードと結果の表示

図003上
図003下

[Compiled JS]のタブをクリックすると、コンパイルされてブラウザの理解できるJavaScriptコードが示されます(図004)。タグは使わずに要素をつくるのがReact.createElement()メソッドです。[Live JSX Editor]というタブに示されるように、JSXのコードは書き替えられます。コンパイルされたスクリプトやページの表示もリアルタイムで確かめられるのです。

図004■JSXからコンパイルされたJavaScriptコード

図004

前掲コード001を、つぎのようなタグのないコンパイルされたコードに書き替えれば、ライブラリbabel-standaloneは要らなくなります。けれど、コンパイルの手間は加わるものの、つくりたい要素(ノード)をタグでそのまま書けるJSXはわかりやすいでしょう。


<!--<script src="https://unpkg.com/babel-standalone@6.15.0/babel.min.js"></script>-->

<div id="root"></div>
<script><!-- type="text/babel">-->
/* ReactDOM.render(
	<h1>Hello, world!</h1>,
	document.getElementById('root')
); */
ReactDOM.render(React.createElement(
	'h1',
	null,
	'Hello, world!'
), document.getElementById('root'));

04 要素をコンポーネントとして定める

動的につくる要素は、コンポーネントとして部品化できます。コンポーネントをつくるのは、React.createClass()メソッドです。引数のオブジェクトにプロパティrenderを与え、関数で要素の定め(タグの記述)を返します。メソッドの戻り値はクラスとして、要素をつくるときに参照します。


var クラス名 = React.createClass({
	render: function() {
		return 要素の定め;
	}
});

ReactDOM.render()メソッドで要素を加えるとき、コンポーネントのクラスは第1引数のタグに要素名として渡します。以下のコード002は、コンポーネント(ShoppingList)からつくった要素を、親要素(id属性"root")に差し込みます(図005)。要素に属性のかたちで定めた変数(name)は、propsプロパティに納められます。要素の記述から波かっこ{}でプロパティを参照すれば、変数値が取り出せます。

図005■コンポーネントからつくられた要素が表示された

図005

コード002■コンポーネントからつくった要素を動的に表示する

<body>要素

<div id="root"></div>
<script type="text/babel">
var ShoppingList = React.createClass({
	render: function() {
		return (
			<div className="shopping-list">
				<h1>Shopping List for {this.props.name}</h1>
				<ul>
					<li>Instagram</li>
					<li>WhatsApp</li>
					<li>Oculus</li>
				</ul>
			</div>
		);
	}
});
ReactDOM.render(
	<ShoppingList name="Jane" />,
	document.getElementById('root')
);
</script>

04 コンポーネントをECMAScript 6のクラスとして定める

React.createClass()メソッドは、名前のとおりコンポーネントをクラスとして定めます。そして、ECMAScript 6(ECMAScript 2015)から、クラス構文が採り入れられました。コンポーネントは、classキーワードを用いてつぎのように定義してもよいのです。クラスはReact.Componentを基本クラスとして継承します。そして、render()メソッドで要素の定めを返すのです。


class クラス名 extends React.Component {
	render() {
		return (
			要素の定め
		);
	}
}

Tutorial「What is React?」を見ると、前掲コード002と同じコンポーネント(ShoppingList)がつぎのコード003のように定められています。クラス構文を使わなくても、ことさら問題はありません。ただ、Tutorialがクラス構文で説明されていますし、公式サイトの情報はクラスが前提になるものと思われます。

コード003■クラスで定めたコンポーネントから要素を動的に表示する

<script>要素

class ShoppingList extends React.Component {
	render() {
		return (
			<div className="shopping-list">
				<h1>Shopping List for {this.props.name}</h1>
				<ul>
					<li>Instagram</li>
					<li>WhatsApp</li>
					<li>Oculus</li>
				</ul>
			</div>
		);
	}
}
ReactDOM.render(
	<ShoppingList name="Jane" />,
	document.getElementById('root')
);

つぎのサンプル002はサイトjsdo.itに掲げたコードです。JSXを使ったため、JavaScriptコードも[HTML]タブに書いています。[Play]ボタンで実行できますし、jsdo.itのサイトで開けば[Fork]でコードを複製して編集することもできます。

サンプル002■React 15.4.2 + ES6: Composing components


作成者: 野中文雄
作成日: 2017年4月7日


Copyright © 2001-2016 Fumio Nonaka.  All rights reserved.